• HOME

病院は夜勤ができる看護師を探している

どうしてもみなさん病院探しでネックにしているものは、給料と夜勤のようです。

この2点を天秤にかけているのです。

夜勤とはすなわち、労働時間、拘束時間、そして体調の問題につながります。

一方、給料というのはこれまた生活の質につながります。どちらも快適な生活に対して影響度合いが大きいですから、注目度合いが高くなるのは仕方がないところかもしれません。

では給料が低くても夜勤のない医療機関がいいか、給料高いけど夜勤ありか・・・。

実際には探せば両者願望叶った医療機関も見付けられることは見付けられるでしょう。

しかし、やっぱり現状なかなか難しいですね。

そういう医療機関は非常に競争率が激しいからです。

逆に給料が低くて、夜勤があるという医療機関も多くあります。

なぜなら、夜勤は医療機関の避けることの出来ない問題だからです。

いわば、看護師とは夜勤をもこなす人たちのことなのではないでしょうか。

しかし、看護師の立場から言えば、夜勤こそ看護師のデメリットです。

看護師に夜勤がなければ看護師ってそれほどハードと言われる仕事ではないと思っている人たちもいるほどです。

ここに看護師と医療機関の意識の違い、避けることの出来ない亀裂が出来てしまっているのです。

更にこれからどんどん亀裂は広がっていくことでしょう。

方法がないことはありません。もっと待遇改善によって夜勤の割合を低くすることも可能です。

しかし、現状では医師不足も相まって更に看護師労働は放置すれば過酷労働へと向かってしまうのです。

関連記事

看護師ハロワ仕事探しクリアMind