• HOME

保育所で働く看護師について

看護師として働くことのできる場所は多いものですが、意外と知られていないのが保育所で働く看護師も必要だということです。

では保育所における看護師の仕事とはどういうものなのでしょうか。

その主なものは保育所に預けられた子どもの健康管理です。保育所には医師がおらず、看護師のみの勤務となります。もし子どもの状態が異常であれば、病院に護送するか判断するなど的確な判断力も求められます。

その他けがをしてしまった場合などの応急処置や、健康診断などの際に補助を行ったり保健だよりを作成するなどということも仕事です。保護者に対してアドバイスを行うことも時には必要になります。一般的な看護師と大きく違うことは、保育士と共に子どもと遊ぶことや世話をすることも仕事の一環であることですね。保育所はそれほど大きな組織でもありませんので、看護業務に専念ということはなく、子供の世話をすることも業務の1つとして雇われることがほとんどです。

ですから子供が嫌いとか苦手だととても勤まるものではありません。逆に子どもが好きな人にはおすすめの仕事だと言えるでしょう。また病気の子どもを一時的に預かる病後時保育に関わることもできます。これは共働きの家庭が増えてきている現在、需要の高まっている分野です。以前のように親のどちらかが家で看病したり、また祖父母に任せるということが難しくなってきているからです。

関連記事

看護師ハロワ仕事探しクリアMind