看護師として働いていくのに何を大切にするか

看護師として働いていくのに、給与アップの為、転職を希望する看護師からみると夜勤がある病院が惹かれるのでは?修学旅行やツアーなどに一緒に行って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。

結婚していて、子供がいたりする人は土日が休みだったり、夜勤が求められない職場を希望しているものです。

病院以外の場所で働くのであれば、そこに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。こうした勉強は看護士になりたい理由にもつながってきます。本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えれば良い印象になりますね。転職の際の志望動機は今までに身につけたスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。

転職の面接時に注意する点として今までの勤務先についての良くないことは口にしないほうがいいです。

さて最近では子供を持つ看護師が辞めないでいられるよう支援制度を備え付けている場合もあります。看護師の仕事をつづけずっと働いていく方は多いですが、そのためには自分の条件に合った仕事先がないか探す人になりましょう。

看護師として働く場合は圧倒的に女性が多い職場となりますので、子どもが生まれてしまうと退職してしまう看護師が多くなるのは避けられません。

なかには、子どもを院内の託児所に預けながら働くという看護師もいるのはいますが、やっぱり1歳や2歳ぐらいまでは夜は子どもと一緒に寝ていたいというのが母のキモチというものでしょう。

子どもを預けながら働くことができるか?と今自分が行っている業務を顧みながら自分に問いかけたときに「両立は出来ないな」と思ってしまう、、、そういった状況がいまの看護師の職場だとも言えます。

例えば、最近横浜で転職先を探していた看護師と話をした機会があったのですが、子どもを育てながらも家庭のためには看護師の仕事をしなければならない状況になる看護師は多いのですが、横浜でも子育てを応援してくれる求人を見つけるのは意外と難しいということを言っていました。まああとは、看護師専門の転職サイトを利用するのも手だと思いますけどね。

転職サイトを使えばコンサルタントが何かとフォローをしてくれるので、ハローワークを使うよりも転職活動がスムーズに進むことが多いです。あとは、ハロワと併用して活動を進めてもいいですしね。

看護師 ハローワーク

看護師ハロワ仕事探しクリアMind